製品情報

強度試験機

  • 【非破壊でコンクリート強度を推定するならシュミットハンマー】
    従来のシュミットハンマーは反発の高さ(R値)を測定していましたが、
    このシルバーシュミットは反発の速度比(Q値)を測定します。
    その違いにより、従来型のシュミットハンマーよりも非常に広い範囲での強度推定が可能となりました。
  • シンプルでありながら絶大な信頼を得るリバウンドハンマーの代表格<シュミットハンマー>

    簡単に強度確認をしたい場合に最適なN形と官庁工事などのデータ提出に最適なNR形(記録紙付)
  • 通常のリバウンドハンマーの約1/3の衝撃エネルギー。
    比較的柔らかい材料の反発度の測定に有効です。
    軽量骨材を使用した軽量コンクリート、印刷用のロール紙やフィルムの巻圧の測定にも利用されています。
  • 測定結果をデータで保存可能。
    確度補正・材令補正機能も付いているので煩わしい計算も不要。
    また付属の専用ソフトでデータをパソコンに転送することもできます。
  • 【非破壊でコンクリート強度を推定するならシュミットハンマー】
    先端の打撃部(プランジャー)の面積が広く、若材令のコンクリートや石膏ボード、軽量コンクリートのような柔らかい材料の測定のために特別に設計されたシュミットハンマーです。
    このタイプは。型枠の早期脱型などの判断によく使用されています。

超音波厚さ計

  • CTS-30A/B は、簡単高精度に厚さ測定ができる表示分解能0.01mm、精度±0.05mmの超音波厚さ計です。
    厚さ測定と音速測定の両機能を持っています。
    分割形探触子を採用し配管腐食・減肉検査に適用できます。
  • CTS-49はコーティングキャンセル機能付き波形表示タイプの超音波厚さ計です。
    測定範囲は0.5mm~600mm、分解能は0.01mmです。
    対象物は、金属材料、非金属材料と幅広く対応できます。
    分割形探触子により腐食減肉検査に最適です。Bスキャン機能付きのモデルもあり様々なニーズに対応します(CTS-59)。
  • UPG-07は、非破壊検査用に設計された携帯式超音波厚さ計です。

    測定対象は、スチールコイル、ボードのグラスファイバー、チタン製のゴルフクラブのヘッド、プラスチックボトル、ゴムタイヤなど様々です。
    最大100,000点の測定データを保存することが可能です。
    厚さ測定や、腐食・減肉検査に最適な汎用タイプの超音波厚さ計です。
    わずか230g・(H)127mm × (W)76.2mm × (D)31.8mmの軽量コンパクト設計

水分計

  • MRH3は高性能・多機能な建築検査用水分計です。
    測定し体面にプローブ部分を押し当てるだけで、測定表面を傷つけずに素早い測定が可能です。

硬さ試験機

  • FTS-Roll Tester1は反発度法を採用した「紙・フィルム巻き
    硬さ試験機」です。

    従来の『打音方式』(ロール表面を叩いてその音を耳で聞く方法)
    では、検査員の勘のみに頼るところが多く、品質を数値(定量)
    管理することもできませんでした。
    FTS-Roll Tester1は、
    測定経験のない人でも簡単に操作することができ、
    正しい検査結果が得られます。
    検査結果は、独自の原理により数値化され、
    品質管理に役立ちます。

    FTS-Roll Tester1はパロテスターの機能を見直して開発された
    後継最新機種です。
    弊社ではパロテスターの修理も承っております。

地中レーダー探査システム

エレクター一体型吹付けシステム

  • < 一台で吹付けから支保工建込まで >

    トンネル施工の安全性向上、施工効率アップの需要に対して開発された商品です。
    従来の吹付けシステムに、エレクタ、バスケットを搭載することにより、一台で吹付けから支保工建込みまで行うことができます。
    また、スクレーパー機能の搭載により、支保工に付着した吹付けコンクリートを取り除く作業まで行えます。

試験機

  • シュミットロックハンマーは、世界的に著名なコンクリート強度非破壊検査機器“シュミットコンクリートテストハンマー”を利用した岩盤計測機です。 ダム、トンネル、水圧管路、発電所などの、土木構造物の設計基礎資料として欠かせない岩盤の変形係数および、静弾性係数を得るのに、従来は、時間と費用のかかる載荷試験を行ってきました。 シュミットロックハンマーは、この様な従来の方法に比べて、岩盤の非常係数を迅速かつ簡単に推定できます。

超音波試験機

  • パンジット250Arrayは、8チャンネルを使用するマルチチャンネルパルスエコーテクノロジーに基づいています。
    1チャンネルは送信用、残りの7チャンネルはエコーの受信用で各チャンネルが順番に送受信します。
  • コンクリート・木材・セラミック・レンガなどの品質管理に

    パンジットlabはコンクリートや木材、セラミックやレンガなどの分野において、非常に有効な超音波試験機として長年愛用されてきた「パンジット」の機能をさらに充実させた画期的な超音波試験機です。
    目的に応じた各種設定が可能で、用途が広がりました。
  • 表示装置にタッチパネル式カラー液晶を採用した最新型の超音波試験機。
    波形を画面に表示する機能を有し、ゲイン、パルス電圧などの変更も可能。
    トランスジューサーも豊富にラインナップ。
  • PL-200にパルスエコートランスジューサー(PEセンサー)を取付けたタイプ。
    PEセンサーはS波用で、カップリング材を使用せず直接コンクリート表面に押し当て可能(ドライカップリング)です。
    PEセンサーは、コンクリートの厚さや内部の空洞などの調査に有効です。

超音波探傷器

  • CTS-9005 超音波探傷器は、探傷機能に特化したシンプルモデルです。操作ボタンを使い易い位置に配置しています。
    また、TFT液晶を採用し視認性も優れています。
    コンパクトサイズ1.15kgで現場作業でも負担が掛かりません。
    最大7時間動作可能な充電バッテリーを装備しています。
    鋳造品の探傷に使えるシンプルなモデルです。

腐朽(劣化)診断機

  • 「物質に振動を与えるとその振動(衝撃)は地震の波のように伝達する。」
    ファコップはその原理を応用した高性能な伝播時間測定器です。
    打ち込みセンサーに衝撃を与え、発生するエネルギー(応力波)が受信用センサーに到達するまでの時間(μs)を測定します。
  • 10個から最大32個のセンサーを等間隔に木の円周方向にセットし、各々のセンサーを順番に軽打するだけで木材内部の状態がマップ化できます。

    「物質に振動を与えるとその振動(衝撃)は地震の波のように伝達する。」
    ArborSonic3Dはその原理を応用した高性能な伝播時間測定器です。
    打ち込みセンサーに衝撃を与え、発生するエネルギー(応力波)が受信用センサーに到達するまでの時間(μs)を測定します。

モニタリングシステム

水分計

  • CMEX2は非破壊式コンクリート水分計です。
    デジタル表示式のCMEX2は非常に多機能・高機能に設計されており、コンクリートに軽く押し当てるだけで、コンクリートの含水率を測定できます。
    CMEX2は木材用ピンプローブや温湿度用RHプローブも取り付け可能なオールインワンタイプで、フローリング業者用のプロツールとして最適です。
  • CME4は非破壊式コンクリート水分計です。
    アナログ表示式のCME4は非常に多機能・高機能に設計されており、コンクリートに軽く押し当てるだけで、コンクリートの含水率を測定できます。

超音波硬さ試験機

  • NewSonic社(ドイツ)の超音波硬さ試験機'SonoDur2'は、従来タイプに比べダイヤモンド圧子の耐久性が大幅にアップした高耐久性の超音波硬さ試験機です。
    試験対象物は、アルミ素材から鋼熱処理品まで幅広く対応可能です。
    硬さスケールは、「HV、HR、HB、HK」とあらゆる単位で表示ができます。
    モーター駆動プローブは、試験力を自動負荷するので安定した試験結果が得られます。
    溶接熱影響部の試験や表面処理(浸炭、窒化)された製品、印刷ロールの硬さ試験に最適です。
    また、圧痕が非常に小さい為に加工面の試験にも適用できます。

その他

プルオフ試験機

  • 全自動式のプルオフテスター。
    一定荷重でロードするので個人差がありません。
    最大荷重が0.6、1.6、2.6の3タイプ。
    塗装やタイルの接着力試験に是非どうぞ。

ポータブル膜厚計

  • ポータブル膜厚計K5-Cシリーズは、磁気あるいは渦流原理などを応用して塗膜の厚さやメッキ厚さを非破壊で測定します。
    プローブの差し替えが可能なデュアルタイプなので、測定対象に合わせた使い分けが可能です。
    ポータブルながら簡単・正確な膜厚測定が可能です。
  • ポータブル膜圧計MK4-Cは、磁気あるいは渦流原理を応用して塗膜の厚さやメッキ厚さを非破壊で測定します。
    ポータブルながら簡単・正確な膜厚測定が可能です。
    製造・金属処理・化学工業など幅広い分野で使用することが出来ます。

トンネル切羽前方探査機

  • [トンネル切羽前方探査機20年の実績]専用ソフトによる3D解析 最先端テクノロジーを搭載した最新モデル。
    TSP303(スイス アンベルグテクノロジー社製)は、世界中で実績のあるトンネル切羽前方探査システムです。
    弾性波反射法を用いて切羽前方の地質不連続帯(破砕帯・帯水層等)を短時間で検査します。
    探査結果から地質不連続面の位置及び走行傾斜角、岩盤物性値の評価が可能です。
  • シールドTBM専用に設計されたレーダーをカッターヘッド部に搭載し前方の障害物を探査できます。
    従来に比べ高精度なアンテナを搭載しています。(イタリアIDS社製)
    レーダーの煩反射信号を用いて前方の障害物をビジュアル的に表示します。

表面電気抵抗計

  • 電気抵抗測定による コンクリートの品質確認。
    4点WENNERプローブ方式を採用し、しかも非常に簡便でかつ完全非破壊でコンクリートの電気抵抗を測定できるように設計されています。
    レジポッドは測定も速く非常に高精度、しかも防水かつ強固な構造なので現場での使用条件を完全に満たしています。

ブリネル読取り装置

透気試験機

  • パーマトールは、表層コンクリートの透気性能を完全非破壊でかつ非常に簡単に測定できます。
    コンクリートの性能はコンクリートの配合、打設方法、型枠の種類、養生方法によって大きく変化します。
    したがって表層のコンクリート(カバーコンクリート)の品質を確認することは耐久性能を考える上で非常に重要です。
    スイス規格SIA 262:2003では、「カバーコンクリートの非透過性が構造物上もしくは構造物から採取したコアで透過性試験によってチェックされなければならない」とされています。

ポータブル硬さ試験機

  • <タッチスクリーンで操作が簡単>オールインワンの硬さ試験ソリューション

    エコーチップ550は、これまでのエコーチップシリーズのノウハウを元にさらに進化を遂げた新世代モデルです。
    幅広い硬さスケールに対応、更にコンパクトなポータブルモデルは現場・工場および試験室と測定場所を選びません。
  • エコーチップ バンビーノ2・ピッコロ2は、非常に操作が簡単でコンパクトなうえ、低コストなモデルです。
    硬さ値(HL,HV,HR,HB,HS)を直接表示することができます。
    平面部を計測する「Dタイプ」と、歯底、コーナー部や溶接部に最適な「DLタイプ」がございます。
  • 新世代のアプリを使用したワイヤレスポータブル硬さ試験です。
    アクセスしずらい空間の現場に最適で、Proceq社の品質標準に従い、±4HLの精度を確保しております。
  • UCI(Ultrasonic Contact Impedance)プローブは、超音波を用いた試験機です。
    振動周波数の変化を検出し、硬さ値に変換しますので、さまざまな試験対象物に使用が可能です。
    また独自のソフトウェアにより、信頼性と精度の高い測定を簡単に素早く取得する事ができます。
  • コンピュテストSCXは、エルンスト社が開発したポータブルロックウェル硬さ試験機です。
    1回の操作で、初試験力と総試験力を負荷できます。
    試験は簡単で、あらかじめ設定した単位の硬さが得られます。
    小さな部品、薄物の連続試験に最適です。
  • ダイナテストSCXは、定置式のロックウェル硬さ試験機と同等の総試験力980.7N(100kp)を用い試験するので、非常に高精度です。
    鍛造品や鋳造品の試験に最適です。DIN50517の規格品です。
  • エルンスト社は、今までの硬さ試験機の問題点を解決できる新しい技術(エルンスト特許)を確立し、イーサテストハンディSCXを開発しました。(DIN50158規格品)
    イーサテストの試験原理は、負荷に対する電気抵抗を計測することで硬さを求めます。
    今まで試験が困難であった複雑形状の局部的な硬さを簡単に試験できます。
  • ポケットサイズのペン型ロックウェル試験機 ユーロペンは、反発式原理を応用しHRCスケールの測定が簡単に出来ます。しかも±1HRCの高精度測定が可能。
    ポケットに入るペンサイズなので工場や試験室など場所を選ばずどこでも測定が可能です。

ピン貫入試験機

  • 【NEXCO試験法 726 2009 適合製品】
    fts-P3(エフティーエス ピーキューブ)は、空気圧により専用ピンを吹付けコンクリートに打込み、その貫入深さによって吹付けコンクリートの初期強度推定する試験機です。
    吹付けコンクリート初期強度試験に使用されるプルアウト試験にとって替わる簡単な試験法で、供試体を必要とせず、壁面に吹付けられたコンクリートをそのまま原位置で試験することができます。

ポータブル残留応力検出器

  • 新技術(Metal Magnetic Memory Method)は、従来の非破壊検査方法では検出ができなかった残留応力(応力集中部)をポータブル検査機で簡単に検出することが可能です。
    既存の検査方法は、欠陥の有無、大きさの検査をおこなっていましたが、MMM Methodは欠陥が起きる前にその兆候を検出します。

鉄筋腐食検査機

  • CANIN+は、ASTM C876-91やJSCE-E601-2000など多くの規格で取り入れられている自然電位法を採用しています。
    一部、鉄筋を露出させてケーブルを接続し、微弱な電気を流すことで、コンクリート中の鉄筋(鋼材)の自然電位を計測します。
    測定値はグレースケールグラフとして本体に表示され、パソコンにデータ転送することもできます。
    また評価ソフトウェア「CANIN ProVista」を使用すれば、非常にわかりやすい電位マップをカラーで表示できます。
  • 半電池手法を使用し、鉄筋コンクリートの電気化学的特性に基づいて鉄筋の活性腐食を判定します。
    測定電極は、ポイントごとを測定するロッド電極や、広範囲かつ壁面や天井などの測定も可能なホイール電極などをラインナップ。測定方法によってロッド電極、ホイール電極(1ホイールor4ホイール)が選択可能。

硬化層深さ測定機

  • <特許取得済>
    硬化層の分布を知る上で硬さ試験機を使用した方法は、重要な手段として広く認識されています。しかし従来法は非常に時間が掛かります。
    HTD4000は、圧子を試料に貫入させ負荷に対する硬さを連続的に計測し硬化層深さを測定するエルンスト社が開発した画期的な方法です。
    従来の様な試料の切断・研磨の必要がなく、簡単に硬化層深さの測定ができます。

その他

  • 鉄筋探査・かぶり測定・鉄筋系推定 すべてが可能なコードレス型鉄筋探査機

    鉄筋等の磁性金属にプローブが近づく際に発生する過電流の二次電圧が変化し、鉄筋位置の探査およびかぶり厚さを測定します。 コンクリート構造物の鉄筋の配筋状態・かぶり厚・鉄筋の径などを調査し施工管理や品質管理などで使用、また改修工事・耐震補強でのコア抜き工事や、あと施工アンカー工事で鉄筋切断を防ぐ為の調査に使用されています。
  • ハンディタイプながら、様々な機能を搭載した高性能モデル。
    配筋状態を表示させる「グリッドスキャン機能」や、
    パワーケーブル、PC鋼線、PVC管、空隙などを探知する機能、
    タッチスクリーンを採用したフルカラーディスプレイなど、
    充実した機能により誰でも簡単に鉄筋探査が可能。
  • 高性能鉄筋探査機(電磁誘導式)プロフォメーターの最新版。
    表示装置はタッチパネル式のカラー液晶を採用し、操作性もよく、暗いところでも難なく操作可能。
    プローブ(センサー)は、浅いところ深いところのレンジがボタン一つで切替できるユニバーサルプローブ。
    またプローブに見やすいLEDインジケーターが搭載され、より操作性が向上しました。
  • アスファルト敷設時の転圧後密度や空隙率の測定に使用。
    温度や水分などの補正は不要で、測定箇所に当てるだけで簡単に測定が可能。
    片手で操作が出来るハンディーサイズのため、持ち運びも容易。
    測定データの保存ができ、保存したデータをプリンターで出力する事も可能。

硬さ試験機 定置式硬度計

  • イーサテストMTRは、従来の硬さ試験機とは違い、特殊コーティングされたダイヤモンド圧子を試料に貫入させ硬さを得ます。
    歯面・内面などの狭い箇所でもスピーディな試験が可能です。
    また試料の切断が不要、 複雑な形状の硬さ試験に最適です。
  • AT130は簡単な操作とシンプルな表示画面が特長の定置式硬度計です。

    ATシリーズは、エルンスト社が長年の経験により開発したロックウェルブリネル硬さ試験機です。
    従来の硬さ試験機は、基準面がアンビル側で条件として試料が平行でないと試験ができません。ATシリーズは独自のクランプ機構(特許取得済)を採用し、基準面を圧子側にする事で、試料の形状や大きさに左右されず試験できます。そのため製造現場で簡単に試験が可能です。
    JIS・ASTM及びDIN規格に適合した高精度な硬さ試験機です。
  • AT250はタッチパネルを採用。データ処理機能が充実しており品質管理やライン検査向け

    ATシリーズは、エルンスト社が長年の経験により開発したロックウェルブリネル硬さ試験機です。
    従来の硬さ試験機は、基準面がアンビル側で条件として試料が平行でないと試験ができません。ATシリーズは独自のクランプ機構(特許取得済)を採用し、基準面を圧子側にする事で、試料の形状や大きさに左右されず試験できます。そのため製造現場で簡単に試験が可能です。
    JIS・ASTM及びDIN規格に適合した高精度な硬さ試験機です。

全自動ブリネル硬さ試験機

  • BRE-AUTブリネル硬さ試験機は、光学的読取を必要としないブリネル硬さ試験機です。
    従来のブリネル硬さ試験機は、圧痕径を拡大鏡で読み取り、硬さを求めていましたが、計測の手間・読取誤差がありました。
    エルンスト社BRE-AUTは、人による読取を必要とせず製造ラインへの自動化を実現させました。

ユニバーサル硬さ試験機

  • OMNITESTは、ビッカース・ロックウェル・ブリネル・ヌープ試験が1台でできるユニバーサル硬さ試験機です。
    従来の硬さ試験機は、試験方法に応じてそれぞれ機器が必要でしたが、OMNITESTは1台で全ての硬さ試験ができます。
    独自のクランプ機構を採用し、不安定な試料はクランプして試験し、安定した試験結果が得られます。製造現場での硬さ試験器に最適です。

渦流探傷器

  • FTS-eddy1は、電磁誘導法を採用した、硬度不良判別や異材判別、形状および寸法判別などに最適な金属材料選別機です。
    経験のない人でも簡単に操作することができ、正しい検査結果が得られます。
    搬送装置や選別装置などと組み合わせ自動化(無人検査)ができます。

フェイズドアレイ探傷器

  • SIUI社製フェイズドアレイ探傷器SUPORは、最大32チャンネルの送信素子からの超音波を受信し素早く画像化します。
    超音波の方向制御を行う事でより深い場所の欠陥部を鮮明に探査出来ます。
    フェイズドアレイ探傷器SUPORは、TOFDモジュールを追加できるパワフルな本体です。
    操作はジョグダイヤルとファンクションキーで行います。液晶部は明るいタッチパネル式を採用しております。
  • SIUI社製フェイズドアレイ探傷器SyncScanは、最大16チャンネルの送信素子からの超音波を受信し素早く画像化します。
    超音波の方向制御を行う事でより深い場所の欠陥部を鮮明に探査出来ます。
    フェイズドアレイ探傷器SyncScanは、TOFDモジュールを追加できるパワフルな本体です。
    操作はジョグダイヤルとファンクションキーで行います。液晶部は明るいタッチパネル式を採用しております。