製品情報

硬化層深さ測定機
【硬化層深さ測定機】HTD4000

<特許取得済>
硬化層の分布を知る上で硬さ試験機を使用した方法は、重要な手段として広く認識されています。しかし従来法は非常に時間が掛かります。
HTD4000は、圧子を試料に貫入させ負荷に対する硬さを連続的に計測し硬化層深さを測定するエルンスト社が開発した画期的な方法です。
従来の様な試料の切断・研磨の必要がなく、簡単に硬化層深さの測定ができます。

【特長】

●0.5mm~2.5mmの硬化層深さが測定できます。
●個人差による測定値のバラツキがありません。
●測定時間は、わずか60秒です。(試験力による)
●従来のような試料の切断・研磨が不要です。
●硬化層深さの他に、試験力に対する硬さの分布が得られます。
●試料に応じて特注機の製作ができます。

<製品仕様>

測定原理 圧子貫入方式(エルンスト社特許)
測定方法 試験力 -硬さ曲線より演算
測定時間 60秒~120秒(硬化層深さによる)
測定範囲 0.5mm~2.5mm(0.5mm以下:特注も可能です)
測定精度 ±5%
試験力 2,000N~40,000N(200kp~4,000kp)
表示 硬化層深さ表示/ビッカース硬さ表示。 硬化層の硬さ値は設定可能
出力 USB
校正方法 硬さ基準片による校正
電源 AC100V/200V 50/60Hz
環境温度 10℃~50℃
最大試料寸法 高さ=300mm 奥行=330mm(特注も可能)
本体寸法 / 重量 (H)1,200mm × (W)400mm × (D)850mm / 450kg
<標準構成>
・圧子
・校正用硬さ基準片
・硬化層深さ基準片
・φ200mm 平アンビル
・φ60mm Vアンビル
・レンチ
・専用カバー
・付属品収納ケース
・取扱説明書

<オプション>
・試料固定用アンビル