製品情報

硬さ試験機
【紙・フィルム巻き硬さ試験機】FTS-Roll Tester1

FTS-Roll Tester1は反発度法を採用した「紙・フィルム巻き
硬さ試験機」です。

従来の『打音方式』(ロール表面を叩いてその音を耳で聞く方法)
では、検査員の勘のみに頼るところが多く、品質を数値(定量)
管理することもできませんでした。
FTS-Roll Tester1は、
測定経験のない人でも簡単に操作することができ、
正しい検査結果が得られます。
検査結果は、独自の原理により数値化され、
品質管理に役立ちます。

FTS-Roll Tester1はパロテスターの機能を見直して開発された
後継最新機種です。
弊社ではパロテスターの修理も承っております。

【特長】

●紙やフィルム、ロールの大きさなどにより2種類のタイプからインパクト装置を選ぶ事が可能
●測定結果を数値化するので、どなたでも簡単に操作が出来、測定結果に個人差が出ません
●測定データは、数値データもしくはグラフデータとしてリアルタイムで画面に表示され、すぐに確認が可能
●保存できるデータは、最大で20,000点
●本体に保存したデータはPCに転送、プリンタ印刷などが可能
●表示は見やすいバックライト付。暗所でも表示画面の確認が可能

【用途】

・紙の巻取(ロール)の均一性および硬さの管理
・フィルムの巻取(ロール)の均一性および硬さの管理
・ゴムなどの熱影響部分の確認

<製品仕様>

測定対象 紙・フィルムロール全般
測定方法 反発度法
表示方式 数値データ、グラフデータ
記憶容量 最大20,000点もしくは200ファイル
モニター 液晶(37mm × 69mm)
電源 NiMH蓄電池もしくはアルカリ乾電池
【標準構成】
・FTS-Roll Tester1 本体表示装置
・インパクト装置(C形[紙用] or F形[フィルム用]
・インパクトケーブル
・ACアダプター
・取扱説明書
・携帯ストラップ(本体表示装置用)
・キャリングケース