製品情報

モニタリングシステム
【地上設置型合成開口レーダー(GB-SAR)】 IBIS-FM

レーダー干渉技術により、広範囲を高精度でモニタリング

火山、斜面の変位監視は、自然災害を防止する為に必要な課題です。
IBIS-FMは、ノンプリズムで計測が可能なので、直接観察下へアクセスせずに計測できます。
最大0.1mmの精度で各店の時系列変位を評価します。


斜面崩壊、地質/地盤解析に有効な大規模データモニタリング

IBIS-FMはスライドレール上から対称面を連続計測し、直ちに相対変位をコントロールPC上に表示します。
昼夜関係なく24時間体制で自動モニタリングを行い、高精度な大規模データモニタリングに最適です。
IBIS-FMは計測する範囲を任意に設定できます。

【特長】

●天候・昼夜を問わずリアルタイムでモニタリング
●大気によるレーダー誤差の自動補正が可能
●最大4km先の面測量が可能
●計測精度0.1mm(1kmの場合:条件による)
●長期的な監視が可能なシステムを搭載
●遠隔操作が可能なシステム
●複数のアラーム設定が可能
●変位データの外部出力も可能
●トータルステーションと連動したデータ管理が可能
●ソーラーパワー、発電機を自動起動させ電源を確保

【システム】

モニタリング対象領域にプリズムの設置が必要なく、最大4km先にある領域の計測が可能です。
計測した広範囲な3Dデータをリアルタイムでレンダリングできます。
IBIS-FMはデータの自動取得、自動処理を行い、あらかじめ設定した閾値を超えた場合、早期警告アラームを決められたデバイスに提供します。

【製品仕様】

計測グリッド 0.5m × 4.4m(距離1kmの場合)
計測精度 0.1mm(1kmの場合:条件による)
計測距離 10m~4,000m
計測時間 3分
使用周波数 17.1-17.3GHz (申請が必要)
レーダー出力 100W以下
防塵・防水 IP65
遠隔操作 Wi-fi
サーティフィケーション EC、FCC、IC
オプション 高倍率カメラ、気象ステーション
計測・処理用ソフト <計測:IBIS Controller> ・計測パラメータ遠隔制御 ・接続状況の監視 ・データ転送 ・電源供給制御 ・初期データ処理 <処理:IBIS Guardian> ・リアルタイムデータ処理 ・気象条件によるデータ補正 ・外部出力 ・初期警報送信機能 ・3Dデータ処理
・気象ステーション
・イーグル高倍率カメラ

Youtube