製品情報

超音波硬さ試験機
【ポータブル超音波硬さ試験機】Sono Dur3

UCI法を用いた、超音波硬さ試験機です。
プローブはモーターと手動の2種類、用途に合わせて
試験力も選択でき、アルミ材料等の柔らかい部品から
鋼の熱処理品まで幅広い硬さ試験に最適です。


*Sono Dur2の後継機種です。
Sono Dur2の販売は終了いたしました。
引き続き修理・校正及び消耗品の販売は行っております。

【特長】

・ダイヤモンド圧子の耐久性が大幅にアップ(約5倍)
・圧痕が非常に小さい
・用途に合わせて試験力が選択可能
・試験部位に応じて、アタッチメントの装着により先端形状の変更が可能
 (ASTM A 1038,DIN 50159-1/2に準拠)
・アルミ材料から鋼の熱処理品まで幅広い硬さ試験が可能
・試験方向を問わないので、現場試験に最適
・あらゆる硬さスケールに換算可能(HV,HRC,HRB,HB他)

【用途】

・溶接熱影響部の硬さ試験
・浸炭、窒化熱処理およびメッキ処理の表面硬さ試験
・金型熱処理加工品、素材の硬さ試験
・保守点検(引張強度推定)による硬さ試験

【仕様】

試験原理 UCI法(DIN 50159-1/2,ASTM A1038に準拠)
試験圧子 ビッカースダイヤモンド圧子136°
試験力 モータープローブ:1N(0.1kgf), 3N(0.3kgf), 8.6N(0.8kgf)       手動プローブ:10N(1kgf), 49N(5kgf), 98N(10kgf)
硬さスケールと試験範囲 HV:10-9999 / HB:76-618 / HK:87-920(ASTM140のみ) /       HS:34.2-97.3(ASTM140のみ) / HRC:20.3-68 / HRB:41-105 /     HRA:60.7-85.6 / HRF:82.6-115.1 /                    HRD:40.3-76.9(EN ISO 18265のみ) / HR45N:19.9-75.4 /       引張強度MPa(N/m㎡):255-2180(EN ISO 18265に基づく)
再現性 5%未満(HV5, HV10)
電源 充電式(AC 100V)
操作時間 連続操作で8時間以上(システムパフォーマンス、温度、機器の設定に依存する)
操作環境 本体:-10℃~50℃ プローブ:0℃~45℃ 充電:10℃~45℃
湿度 90%以下、結露無き事
寸法 本体:164x86x23 mm モータープローブ:φ32 mm L=190 mm  手動プローブ:①φ25 mm L=176 mm ②φ25 mm L=207 mm
重量 本体:320 g(バッテリ込)                     手動プローブ:280 g モータープローブ:370 g
表示 5"インチカラーTFTハイコントラストLEDバックライト
インターフェイス USB1.1, micro SD-card, WLAN, Bluetooth version 2.1 +EDR, CLASS2
防塵・防滴 IP65