製品情報

強度試験機
【覆工コンクリート脱枠強度管理システム】パルストメータ

試験練時に円柱供試体と超音波システムとの相関を求め、現場にて脱型強度の発現をモニタリングします。
生コン投入時から連続測定可能で任意の時点で初期強度を推定し、
所定強度の到達を確認することで脱枠が可能になります。

【測定手順】

1. 覆工コンクリート型枠(セントル)の一部として超音波センサーを埋め込みます。
  実際に打ち込まれたコンクリートに対して、超音波の送受信を行います。
2. コンクリートを伝搬する振幅は、材齢に伴い変化します。
3. パルストメータはこの振幅の変化と強度の関係に基づき、強度推定するシステムです。

【製品仕様】

測定範囲 0.1~9.999μs
分解能 0.1μs
パルス電圧 125/250/350/500/自動
メモリ 5,000データ
【製品構成】
・超音波試験機(Pundit Lab+):1台
・センサー:54Hz(2本)
・ケーブル:10m(2本)
・強度推定ソフトウェア(Wondows7以上)
・電源ケーブル:100V/50Hz・60Hz
・取扱説明書:1部
・試験練り測定用枠(セントルと同材質):
 200(W)x400(L)x300(H) mm
・セントル設置用部品(脱着用):1組(4個)