製品情報

超音波厚さ計

  • CTS-30A/B は、簡単高精度に厚さ測定ができる表示分解能0.01mm、精度±0.05mmの超音波厚さ計です。
    厚さ測定と音速測定の両機能を持っています。
    分割形探触子を採用し配管腐食・減肉検査に適用できます。
  • CTS-49はコーティングキャンセル機能付き波形表示タイプの超音波厚さ計です。
    測定範囲は0.5mm~600mm、分解能は0.01mmです。
    対象物は、金属材料、非金属材料と幅広く対応できます。
    分割形探触子により腐食減肉検査に最適です。Bスキャン機能付きのモデルもあり様々なニーズに対応します(CTS-59)。
  • UPG-07は、非破壊検査用に設計された携帯式超音波厚さ計です。

    測定対象は、スチールコイル、ボードのグラスファイバー、チタン製のゴルフクラブのヘッド、プラスチックボトル、ゴムタイヤなど様々です。
    最大100,000点の測定データを保存することが可能です。
    厚さ測定や、腐食・減肉検査に最適な汎用タイプの超音波厚さ計です。
    わずか230g・(H)127mm × (W)76.2mm × (D)31.8mmの軽量コンパクト設計

超音波探傷器

  • CTS-9005 超音波探傷器は、探傷機能に特化したシンプルモデルです。操作ボタンを使い易い位置に配置しています。
    また、TFT液晶を採用し視認性も優れています。
    コンパクトサイズ1.15kgで現場作業でも負担が掛かりません。
    最大7時間動作可能な充電バッテリーを装備しています。
    鋳造品の探傷に使えるシンプルなモデルです。

超音波硬さ試験機

  • NewSonic社(ドイツ)の超音波硬さ試験機'SonoDur2'は、従来タイプに比べダイヤモンド圧子の耐久性が大幅にアップした高耐久性の超音波硬さ試験機です。
    試験対象物は、アルミ素材から鋼熱処理品まで幅広く対応可能です。
    硬さスケールは、「HV、HR、HB、HK」とあらゆる単位で表示ができます。
    モーター駆動プローブは、試験力を自動負荷するので安定した試験結果が得られます。
    溶接熱影響部の試験や表面処理(浸炭、窒化)された製品、印刷ロールの硬さ試験に最適です。
    また、圧痕が非常に小さい為に加工面の試験にも適用できます。

ポータブル膜厚計

  • ポータブル膜厚計K5-Cシリーズは、磁気あるいは渦流原理などを応用して塗膜の厚さやメッキ厚さを非破壊で測定します。
    プローブの差し替えが可能なデュアルタイプなので、測定対象に合わせた使い分けが可能です。
    ポータブルながら簡単・正確な膜厚測定が可能です。
  • ポータブル膜圧計MK4-Cは、磁気あるいは渦流原理を応用して塗膜の厚さやメッキ厚さを非破壊で測定します。
    ポータブルながら簡単・正確な膜厚測定が可能です。
    製造・金属処理・化学工業など幅広い分野で使用することが出来ます。

ブリネル読取り装置

ポータブル硬さ試験機

  • <タッチスクリーンで操作が簡単>オールインワンの硬さ試験ソリューション

    エコーチップ550は、これまでのエコーチップシリーズのノウハウを元にさらに進化を遂げた新世代モデルです。
    幅広い硬さスケールに対応、更にコンパクトなポータブルモデルは現場・工場および試験室と測定場所を選びません。
  • エコーチップ バンビーノ2・ピッコロ2は、非常に操作が簡単でコンパクトなうえ、低コストなモデルです。
    硬さ値(HL,HV,HR,HB,HS)を直接表示することができます。
    平面部を計測する「Dタイプ」と、歯底、コーナー部や溶接部に最適な「DLタイプ」がございます。
  • 新世代のアプリを使用したワイヤレスポータブル硬さ試験です。
    アクセスしずらい空間の現場に最適で、Proceq社の品質標準に従い、±4HLの精度を確保しております。
  • UCI(Ultrasonic Contact Impedance)プローブは、超音波を用いた試験機です。
    振動周波数の変化を検出し、硬さ値に変換しますので、さまざまな試験対象物に使用が可能です。
    また独自のソフトウェアにより、信頼性と精度の高い測定を簡単に素早く取得する事ができます。
  • コンピュテストSCXは、エルンスト社が開発したポータブルロックウェル硬さ試験機です。
    1回の操作で、初試験力と総試験力を負荷できます。
    試験は簡単で、あらかじめ設定した単位の硬さが得られます。
    小さな部品、薄物の連続試験に最適です。
  • ダイナテストSCXは、定置式のロックウェル硬さ試験機と同等の総試験力980.7N(100kp)を用い試験するので、非常に高精度です。
    鍛造品や鋳造品の試験に最適です。DIN50517の規格品です。
  • エルンスト社は、今までの硬さ試験機の問題点を解決できる新しい技術(エルンスト特許)を確立し、イーサテストハンディSCXを開発しました。(DIN50158規格品)
    イーサテストの試験原理は、負荷に対する電気抵抗を計測することで硬さを求めます。
    今まで試験が困難であった複雑形状の局部的な硬さを簡単に試験できます。
  • ポケットサイズのペン型ロックウェル試験機 ユーロペンは、反発式原理を応用しHRCスケールの測定が簡単に出来ます。しかも±1HRCの高精度測定が可能。
    ポケットに入るペンサイズなので工場や試験室など場所を選ばずどこでも測定が可能です。

ポータブル残留応力検出器

  • 新技術(Metal Magnetic Memory Method)は、従来の非破壊検査方法では検出ができなかった残留応力(応力集中部)をポータブル検査機で簡単に検出することが可能です。
    既存の検査方法は、欠陥の有無、大きさの検査をおこなっていましたが、MMM Methodは欠陥が起きる前にその兆候を検出します。

硬化層深さ測定機

  • <特許取得済>
    硬化層の分布を知る上で硬さ試験機を使用した方法は、重要な手段として広く認識されています。しかし従来法は非常に時間が掛かります。
    HTD4000は、圧子を試料に貫入させ負荷に対する硬さを連続的に計測し硬化層深さを測定するエルンスト社が開発した画期的な方法です。
    従来の様な試料の切断・研磨の必要がなく、簡単に硬化層深さの測定ができます。

硬さ試験機 定置式硬度計

  • イーサテストMTRは、従来の硬さ試験機とは違い、特殊コーティングされたダイヤモンド圧子を試料に貫入させ硬さを得ます。
    歯面・内面などの狭い箇所でもスピーディな試験が可能です。
    また試料の切断が不要、 複雑な形状の硬さ試験に最適です。
  • AT130は簡単な操作とシンプルな表示画面が特長の定置式硬度計です。

    ATシリーズは、エルンスト社が長年の経験により開発したロックウェルブリネル硬さ試験機です。
    従来の硬さ試験機は、基準面がアンビル側で条件として試料が平行でないと試験ができません。ATシリーズは独自のクランプ機構(特許取得済)を採用し、基準面を圧子側にする事で、試料の形状や大きさに左右されず試験できます。そのため製造現場で簡単に試験が可能です。
    JIS・ASTM及びDIN規格に適合した高精度な硬さ試験機です。
  • AT250はタッチパネルを採用。データ処理機能が充実しており品質管理やライン検査向け

    ATシリーズは、エルンスト社が長年の経験により開発したロックウェルブリネル硬さ試験機です。
    従来の硬さ試験機は、基準面がアンビル側で条件として試料が平行でないと試験ができません。ATシリーズは独自のクランプ機構(特許取得済)を採用し、基準面を圧子側にする事で、試料の形状や大きさに左右されず試験できます。そのため製造現場で簡単に試験が可能です。
    JIS・ASTM及びDIN規格に適合した高精度な硬さ試験機です。

全自動ブリネル硬さ試験機

  • BRE-AUTブリネル硬さ試験機は、光学的読取を必要としないブリネル硬さ試験機です。
    従来のブリネル硬さ試験機は、圧痕径を拡大鏡で読み取り、硬さを求めていましたが、計測の手間・読取誤差がありました。
    エルンスト社BRE-AUTは、人による読取を必要とせず製造ラインへの自動化を実現させました。

ユニバーサル硬さ試験機

  • OMNITESTは、ビッカース・ロックウェル・ブリネル・ヌープ試験が1台でできるユニバーサル硬さ試験機です。
    従来の硬さ試験機は、試験方法に応じてそれぞれ機器が必要でしたが、OMNITESTは1台で全ての硬さ試験ができます。
    独自のクランプ機構を採用し、不安定な試料はクランプして試験し、安定した試験結果が得られます。製造現場での硬さ試験器に最適です。

渦流探傷器

  • FTS-eddy1は、電磁誘導法を採用した、硬度不良判別や異材判別、形状および寸法判別などに最適な金属材料選別機です。
    経験のない人でも簡単に操作することができ、正しい検査結果が得られます。
    搬送装置や選別装置などと組み合わせ自動化(無人検査)ができます。

フェイズドアレイ探傷器

  • SIUI社製フェイズドアレイ探傷器SUPORは、最大32チャンネルの送信素子からの超音波を受信し素早く画像化します。
    超音波の方向制御を行う事でより深い場所の欠陥部を鮮明に探査出来ます。
    フェイズドアレイ探傷器SUPORは、TOFDモジュールを追加できるパワフルな本体です。
    操作はジョグダイヤルとファンクションキーで行います。液晶部は明るいタッチパネル式を採用しております。
  • SIUI社製フェイズドアレイ探傷器SyncScanは、最大16チャンネルの送信素子からの超音波を受信し素早く画像化します。
    超音波の方向制御を行う事でより深い場所の欠陥部を鮮明に探査出来ます。
    フェイズドアレイ探傷器SyncScanは、TOFDモジュールを追加できるパワフルな本体です。
    操作はジョグダイヤルとファンクションキーで行います。液晶部は明るいタッチパネル式を採用しております。