Product製品紹介

img

【硬さ試験機】e-ハンディ

  • 金属
  • 空港

e-ハンディは、Ernst社が開発した特許取得済みの革新的な硬さ試験機です(DIN50158規格)。

電気抵抗を測定し、硬さに変換するポータブル硬さ試験機です。

非常に小さなエリアや、他の試験機では届かない箇所も測定可能です。

荷重/硬さ曲線は、試験片の表面処理の情報も提供します。

【エルンスト特許法】イーサテストの原理は、電気抵抗の計測に基づいています。

特殊コーティングされた圧子が試料に貫入し、電気抵抗から表面積を求め硬さを導きだします。

測定手順

測定手順はこちら:e-handy測定手順

 

1. 新しい測定ファイルを作成し、測定スケールを選択します。

2. 装置ベースを取り外し、スタンドの上に置きます。

3. 固定ねじを締めます。

4. 圧子に対応する測定サポートを見つけます。

5. 参照サンプルを置きます。

6. マグネティックケーブルをスタンドとサンプルの両方に接続します。

7. 測定表面から最大2mmまで装置を下げます。

8. ウォームギアを締めます。

9. キャリブレーションを選択し、硬度値を設定します。

10 .キャリブレーション曲線を実行します。

11. 測定する荷重値を変更します。

12. 測定する材料の種類を選択します。

13. スタンドの下にワークピースを置きます。

14. マグネティックケーブルを接続します。

15. 装置を下げてロックします。

16. 硬さ試験を実行します。

特長

  • 用途

・従来の試験機では届かなかった箇所も測定可能

・金属の全範囲を1つのダイヤモンド圧子でカバー

・様々な荷重で硬さの継続測定が可能

・表面の熱処理を即座に評価

用途

・ギアの歯面・歯底の硬さ試験

・セレーション部の硬さ試験

・キー溝部の硬さ試験

・コイル状にされた鋼板の硬さ試験

・鋼板のプレス前後の硬さ試験

・金型の複雑な形状をした箇所やカッター部の硬さ試験

・パイプ等の内径面の硬さ試験(オプション:内径φ15mm以上)

・刃物の刃先の硬さ試験

製品仕様

試験方法 電気抵抗
試験力負荷 手動
試験力 9.81N(1kp)~98.1N(10kp)
硬さスケール HV, HRC, HRB, HRA, HRF, HB30, N/㎟
メモリ 16GB
画面 5.9"タッチスクリーン
外部出力 microUSB, WiFi, Bluetooth
電源 100~240V
準拠規格 DIN50157(ASTM E-18/ISO6506,6507,6508)

製品カタログ

下記ボタンよりダウンロードいただけます。

pdf

お問い合わせはこちら

当社へのご相談・お見積り・ご依頼等はこちらよりお気軽にお問い合わせください。