Product製品紹介

img

【フレッシュコンクリート単位水量測定器】SONO-WZ

  • コンクリート

【NETIS登録番号:QS-180032-A】

SONO-WZは、レーダ法(TRIME TDR-method)による最先端の技術(特許取得済)を採用した

フレッシュコンクリート用の単位水量測定器です。

コンクリートの品質を左右する水セメント比(W/C)を、現場にて簡単に測定できる革新的な製品です。

フレッシュコンクリートの導電率を検出することができます。

配合表により必要事項を入力し、5回程度フレッシュコンクリートの入ったバケツに入れて測るだけです。

 

※エフティーエス㈱はIMKO社(ドイツ)の日本正規代理店です。

特長

  • 特徴
  • 特徴

■フレッシュコンクリートの単位水量を簡単に測定

■加熱乾燥炉と同等の精度

■本装置にコンクリートの密度を入力することで単位水量(kg/㎥)が得られる

■フレッシュコンクリートの種類(スランプ2.5cm以上)に関係なく簡単に測定

■測定時間が早い(通常5回測定で2分程度)

■プローブヘッドは高耐久性のフレームとセラミック構造

 

操作手順

操作手順はこちら▼

 

SONO-WZの操作方法

製品仕様

測定範囲 40~80mm(配合による)
測定精度 1~3 kg/㎥(スランプ値 2.5cm以上)
導電率測定範囲 0~50 ds/m (*ds/m = 100 ms/100cm = ms/cm)
プローブ寸法 / 重量 465(L)× 50(W)mm / 1.2kg
表示装置寸法 / 重量 150(L)× 65(W)× 35(D)mm / 0.5kg
使用温度 0~50℃
電源 DC4.8V、2,000mA(1回のチャージ / 500回測定可)

製品カタログ

下記ボタンよりダウンロードいただけます。

pdf

お問い合わせはこちら

当社へのご相談・お見積り・ご依頼等はこちらよりお気軽にお問い合わせください。