Product製品紹介

img

【表面電気抵抗計】レジポッド

  • コンクリート

コンクリート表面の電気抵抗を測定することは、コンクリート構造物の状態を把握する上で

非常に有効な情報になります。

コンクリートの電気抵抗が直接的に腐食性や腐食率と関連しているということだけでなく、最近の研究では電気抵抗と塩化物拡散係数との間にも相関関係があることが示されています。

PROCEQ社が開発したレジポッドは、4点WENNERプローブ方式を採用し、非常に簡便でかつ完全非破壊でコンクリートの電気抵抗を測定できるように設計されています。

外側のプローブで電流を流し、内側のプローブ間で電圧差を測定します。

電流は細孔液体中のイオンによってなされます。計算された抵抗はプローブ間隔に依存します。

レジポッドは測定も速く非常に高精度、しかも防水かつ強固な構造なので現場での使用条件を

完全に満たしています。

特長

  • 特徴
  • 特徴

画像左:レジポッド本体

画像右:本体及びスペーシングプローブ(オプション)

 

■完全一体型の表面電気抵抗計

■0-1,000KΩという幅広い測定レンジ

■素早く正確な測定結果

■AASHTO規格(38mm間隔)に適合

■メモリ、ホールド、削除機能付き

■USB接続によるデータ転送機能

■耐水設計(IPX7)

■プローブ間隔を可変できるスペーシングプローブ(オプション)

用途

■コンクリート表面の劣化部分の特定

■コンクリートの緻密性の評価

■補修効果の確認

■塩化物イオン浸透性との関係

製品仕様

測定範囲 0~1,000 kΩcm(プローブ間隔による)
分解能 (公称電流200 μA) ±0.2 Ωcmあるいは±1%(どちらか大きい方)
分解能 (公称電流50 μA) ±0.3kΩcmあるいは±2%(どちらか大きい方)
分解能 (公称電流 ) ±2 kΩcmあるいは±5%(どちらか大きい方)
周波数 40Hz
メモリ 500点
電源 50時間以上
充電 USB type B (5V 100mV)
寸法 197mm × 53mm × 69.7 mm
重量 318 g
環境温度 0℃~50℃
オプション スペーシングプローブ、スポンジ(20個)、テストストリップ、USBカバー、USB充電器

製品カタログ

下記ボタンよりダウンロードいただけます。

pdf

お問い合わせはこちら

当社へのご相談・お見積り・ご依頼等はこちらよりお気軽にお問い合わせください。