Product製品紹介

img

【鉄筋腐食密度測定機】CorroMap(コロマップ)

  • コンクリート

ガルバノスタットパルス法により、腐食密度(分極抵抗)・電気抵抗および自然電位を測定します。腐食密度測定モードでは、コンクリート電気抵抗および、自然電位も同時に測定できます。

コンクリートの表面が湿った状態、炭酸化状態、または防食処理された状態においても、自然電位および

電気抵抗が得られ、鉄筋腐食の信頼できる測定が可能です。

特長

  • 特徴
  • 特徴

画像左:測定原理イメージ

画像右:測定結果の表示(左:電位差、中央:自然電位、右:腐食速度)

 

・鉄筋の腐食電流密度を約10秒で測定可能

・プローブはφ60 mmでわずかなスペースでも測定可能

・測定方向と測定ピッチを決めるだけで簡単にコンター図を作成可能

・自然電位・電気抵抗・腐食電流密度を同時に測定可能

・最適な携帯性のため充電式電池を備えた軽量システムで、1人で操作できるように設計

・メモリに自動保存、1ファイル(1つの連続した測定)につき最大2,400点まで保存可能

・交換可能なスポンジで不均一な表面状態でも測定可能

・測定結果は、エクセル形式(もしくはCSV)でPCに転送可能

・ハンドヘルドのPsionは、Windows CE 5.0とカラータッチスクリーンで動作

製品カタログ

下記ボタンよりダウンロードいただけます。

pdf

お問い合わせはこちら

当社へのご相談・お見積り・ご依頼等はこちらよりお気軽にお問い合わせください。