Product製品紹介

img

【レーダ変位計】IBIS-FS(アイビスFS)

  • 橋梁

IBIS-FSは、橋や建物、歴史的建造物や塔など、構造物の監視の為のレーダ干渉技術を応用した変位計です。

従来の計測方法に比べて圧倒的な優位性があり静的および動的のモニタリングに使用できます。

また、監視対象物にプリズム等の反射体を設置する必要が無く最大1km離れた場所から監視できます。

サンプリングは200Hzまでの構造振動サンプリングができます。

また、昼夜天候問わず計測できます。

 

※ダウンロード可能なカタログは簡易版です。

 総合カタログをお求めの方は大変お手数ですが、下記フォームよりお問い合わせください。

 

 お問い合わせフォーム

特長

  • 特徴
  • 特徴

●構造負荷テストでの変位計測が可能

●計測精度は500m離れた場所で0.01mm

●構造物の変位と崩壊の危険予測のデータに運用可能

●文化遺産の保存に応用可能

●構造体の共振周波数の計測に適用可能

 

 

【システム】

IBIS-FSソフトによる計測数値データ

製品仕様

リモートセンシング距離 最大1km
周波数帯域 17.1GHz~17.3GHz *申請が必要です。
プラットフォーム 地上レーダ方式
アンテナ ホーンアンテナ(20dBまたは15dB)
最大範囲 0.5km
空間分解能 0.5m
変位精度 0.01~0.1mm ※計測条件による
取得頻度 200Hz
電源 12VDC
大きさ 11cm × 35cm × 24cm(レーダユニット)
重量 12kg(三脚を付けた状態)
消費電力 24W
防塵・防水 IP66(レーダユニット)

製品カタログ

下記ボタンよりダウンロードいただけます。

pdf

お問い合わせはこちら

当社へのご相談・お見積り・ご依頼等はこちらよりお気軽にお問い合わせください。